HOME > 豚丼トピックス >  豚丼「ぱんちょう」改…
豚丼「ぱんちょう」改築検討で一時休業 帯広
登録日時:2020/08/31 14:21 [ 豚丼ニュース ]
-2020年8月31日十勝毎日新聞紙面より-

 帯広市内の老舗豚丼店「ぱんちょう」(西1南11、山田美鶴代表)は、老朽化のため現店舗を取り壊す。31日から休業し、10月に市内の仮店舗で営業を再開する予定。同店は「新型コロナウイルスの感染予防のため、お客さまが殺到しないよう突然のお知らせになり、申し訳ない。長く営業を続けるために必要なことだった」としている。

 同店は1933年に創業。70年に建て替え工事を行ってから50年経過したこともあり、床にひびが走る箇所があるなど老朽化が進んでいた。店舗は木造2階建てで、1階に客席、2階に調理場があった。

 店ではほかにも大きな変化が。約60年にわたり調理場に立ち続けてきた3代目の阿部孝之さん(80)が5日に引退。創業者の阿部秀司さん(故人)の孫に当たる4代目の辰巳博史さん(48)が、初代から門外不出で受け継がれてきた豚丼のたれを作っており、代替わりも果たした。

 30日は午後4時半ごろにのれんをしまい、静かに営業を終えた。休業前最後の客となった帯広出身で40年以上同店に通う佐々木健滋さん(51)=札幌市、会社経営=は「出張で帯広にいたので食べに来たが、休業と聞いてびっくりした。子どもの時から見てきた現店舗の取り壊しは感慨深いものがある」と話した。

 仮店舗は市内の空きテナントを借りる予定。現住所での新店舗オープンを検討している。

ご馳走家 ゆたか

豚丼のはなとかち

自然派ラーメン めん吉西帯広店

十勝豚肉工房 ゆうたく

和食屋 はんなり

ぶたいち 帯広本店

RICE DOG 一粒(ライスドッグ ひとつぶ)

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.