HOME > 豚丼トピックス >  開発1年半 豚丼握り…
開発1年半 豚丼握り はま寿司、全国で限定提供
登録日時:2020/01/23 14:14 [ 豚丼ニュース ]
-2020年1月23日十勝毎日新聞紙面より-

 外食大手ゼンショーホールディングスの回転ずしチェーン「はま寿司」は、帯広市内の2店舗(大通南7、西18南4)を含む全国511店舗で、期間限定の「帯広豚丼風握り」を提供している。29日まで。

 同社は昨年8月、魚だけでなく、おいしい肉ネタも提供しようと調理法や味付けを研究する「肉にぎり研究所」を立ち上げ、牛肉などを使用したこだわりのメニューを期間限定で販売している。

 「帯広豚丼風握り」は同研究所の第4弾となる商品で、ご当地グルメを全国の回転ずしで気軽に食べられるようにと考案。豚肉は北海道産の銘柄豚「北の大地」のロース部位を使用し、ソラチ(札幌)で販売している「十勝豚丼のたれ」をイメージしたオリジナルのたれで味付けしている。

 同社広報は「帯広豚丼の魅力を全国の人にお伝えするため、お手頃な価格で食べられる『回転寿司』として販売しようと1年半かけて開発した」としている。(沖田唯可)

どでからーめん

Heart Field(ハートフィールド)

豚飼い屋 十勝の豚丼

和食や すし膳 仕出し

レストランひまわり イーストモール店

なかなか

ぶた一家

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.