HOME > 豚丼トピックス >  第2回 十勝清水 肉…
第2回 十勝清水 肉・丼まつり~豚丼メニュー
登録日時:2019/09/01 14:17 [ 豚丼ニュース ]
-2019年9月1日十勝毎日新聞紙面より-

 【清水】「第2回十勝清水肉・丼まつり」が8日午前10時~午後2時、町有明公園で開かれる。出品される16メニューのうち、豚丼メニューを紹介する。前売り券(1100円分)を1000円で、町内飲食店や帯広市内の勝毎サロン(藤丸7階)、チケットぴあ(Pコード:643506)などで販売している。問い合わせは町商工観光課(0156・62・1156)へ。

◆甘辛たれと肉のうま味一体 豚丼(ドライブインいとう)

 ラジオのコマーシャルでもおなじみの豚丼の名店「丸三伊藤商店ドライブインいとう」。元祖二階建大盛り豚丼が創業当時からの看板メニューだ。秘訣(ひけつ)は「からめ焼」で、甘辛のたれと豚肉のうま味が一体となり絶妙のおいしさに。たれには薬味成分10種類をブレンドし、肉の持ち味を引き出す。山本さつき常務は「先代から受け継いだ愛情いっぱいの味を提供したい」と話す。

◆軟らかくボリュームたっぷり 豚丼(爺遊森゛)

 豚肉は町内産、十勝産、道産をミックスして使用。厚さ4~5ミリのロース肉5~6枚にたれを絡め、その場で焼き上げてご飯の上に盛り付けるボリュームたっぷりの豚丼。しょうゆやザラメなどをベースに、水あめでとろみをつけたたれで焼いた肉は香ばしく軟らか。提供する町羽帯の喫茶爺遊森゛(じゆうじん)の臼井整了店主は「店のおいしい料理を知ってもらいたい」と話している。

食事処 海幸

レストラン 郷里ちゅうるい

豚丼のぶたはげ帯広本店

とんかつの店 とんげん

ふじや食堂

ファミリーとんかつの店 あかずきん

居酒屋 寿楽の息子

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.