HOME > 豚丼トピックス >  いつもの給食 児童ら…
いつもの給食 児童ら豚丼も手作り 夏休み料理教室
登録日時:2019/08/11 13:54 [ 豚丼ニュース ]
-2019年8月11日十勝毎日新聞紙面より-
 【上士幌】小学生が調理の基本を学ぶ「夏休み子ども料理教室」が6日、ふれあいプラザで開かれた。参加した児童は、地元の食材を生かした給食の人気メニューを作った=写真。

 同教室は毎年、夏と冬の長期休暇に小学4~6年生を対象に開かれている。異学年交流のほか、自分で調理することで苦手な食べ物を克服し、包丁など調理器具の正しい使い方を身に付けるのが狙い。講師は、町の管理栄養士石井央子さん、認定こども園栄養士の加納ひとみさん、栄養教諭の北西莉乃さんの3人が務め、児童11人が参加した。

 教室では初めに、この日使う材料の栄養について学んだ。挑戦したメニューは、給食で人気がある「かみしほろポークの豚丼」「大根ツナサラダ」「なめこ汁」「フルーツゼリー」の4種類。食材は可能な限り町内産を使用。児童は包丁の握り方など基本から教わり、一生懸命に調理していた。

 家で時々料理をするという男児(上士幌小4年)は「料理するのは好きで、この教室も楽しい」と話していた。(平田幸嗣)

おいしんぼレストラン あしょろ庵

ラーメン五朗

おびひろ えび天 

ラーメンの百番 本別店

どでからーめん

ぶた丼たむら とかちむら店

Heart Field(ハートフィールド)

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.