HOME > 豚丼トピックス >  とん田、みすゞ「帯広…
とん田、みすゞ「帯広茶屋」行列 埼玉で物産展
登録日時:2017/10/20 15:25 [ 豚丼ニュース ]
-2017年10月20日十勝毎日新聞紙面より-

 【埼玉県川越市】秋の北海道の物産と観光展(道、帯広市など主催)が、18日から丸広百貨店川越店で開かれている。帯広、函館の両物産協会によるコラボ特集や、帯広を代表する飲食店の豚丼のとん田、ラーメンのみすゞが出店する飲食スペース「帯広茶屋」が話題を呼び、買い物客でにぎわっている。

 1月、帯広物産協会が函館市内のテーオーデパート内で十勝物産展を開き、実現した。豊西牛と道南産ジャガイモを使ったコロッケなどをその場で調理し販売する。十勝からは十勝トテッポ工房(帯広)、おかしの小松(池田)も出店し、チーズケーキやロールケーキを実演販売している。

 「帯広茶屋」は初日の開店時から約40席が常に満席で、順番待ちの行列が絶えない。買い物客は大判チャーシューが載ったラーメンや肉厚の豚丼に舌鼓を打った。関東初出店となるとん田は小野寺洋一社長ら2人が、極力本店同様の手順で調理し提供する。小野寺社長は「豚丼の認知度が上がれば」と期待している。

 24日まで。帯広物産協会の木戸善範事務局次長は「熱意のある地元百貨店の協力で目玉企画を実現できた。来年の北海道150年に向けて、ネット通販が普及する中でも足を運ぶ来店客も満足するよう、オール北海道の企画を打ち出したい」と話していた。
(原山知寿子)
↓ブタドンコムオフィシャルショッピングコーナー!

ぶた丼たむら とかちむら店

Heart Field(ハートフィールド)

豚飼い屋 十勝の豚丼

和食や すし膳 仕出し

レストランひまわり イーストモール店

なかなか

ぶた一家

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.